ここ数年は、若い時からスキンケアをしっかりしてる、って人も増えてそうですね。

何より美肌が最強、って認識が一般的になってる気がするので。

若いころは少々乱暴な手入れでも、新陳代謝も活発だし保湿状態も良い。

それでついつい、お手入れは雑になっちゃったりしてね。

現在の40代・50代が若かったころには、今のように多種多様な化粧品が、安く売られている状況じゃなかったです。

手入れをしている人でも化粧水と乳液、それに日焼け止めを使っていた、というくらいのもの。

歳をとってから、後悔してる人も少なくないと思いますよー。

 

栄養を与えたら、逃がさないように閉じ込めないとね

美容クリームは昔からありました。

でも美容液、ってそんなに昔からはなかったと思うんですよ。最初に出したのはどこなんでしょね。

美容クリームは、化粧水・乳液の他に、主に就寝前につけるものでした。

保湿が主な目的だったけど、油分の強いものが多かったそうで。肌が油焼けしてしまう製品も中にはあったんだとか。

今では使う人のの目が肥えてるからね。

成分や原料に厳しくなったんで、そんなひどい内容のものはないですね~。

保湿目的で使う化粧品といえば、現在では美容液がほとんど

クリームに近い手触りの保湿美容液を使ってるから、その上にクリームは要らない、と思ってる人もいるみたいです。

でも、美容液とクリームでは働きが違うのよね~。だから、美容液をつけたらクリームもつけておかないとですよ。

 

美容液は美容成分を浸透しやすくしたもの。クリームは保護。

スキンケアの順番は、基本的に

化粧水 → 美容液 → 乳液 → 朝なら日焼け止め、夜ならクリーム

って感じ。

美容液の主な働きは、美白や乾燥によるシワ対策など。

浸透力を高めるためサラサラしたテクスチャのものが多く、そのままでは水分が逃げてしまうので、乳液やクリームでフタをします。

だからね、美容液の後にはクリームをつけておいた方がより保湿力が期待できるのね。

 

化粧品により効果的に働いてもらうためには、じっくりと時間をかけてケアをするのがおすすめ。

たとえば、化粧水は1回だけつけて終わりにするのではなく、数回に分けて肌にしっかり浸透させる。

化粧水をつけた顔が濡れている状態ではなく、少し待って表面が少し乾いてから美容液をつける、などなど。

美容液の中には、つけた後に顔を手で覆ってしっかり浸透させるのを勧めているものもありますよ。

化粧品にも説明書がついていますから、しっかり読んで一番効果的に働くよう、使っておきたいよね!