ボトルの中のジェルが、復元力で毎回新品のようにピーン!となるフィトリフト。

そのチカラが肌の上でも再現されそう!と期待しちゃうよね(笑)

形状記憶が肌の上でもなされるとして、肌自体が若い頃に戻るわけではないけれど。

パッケージは意外と(?)古風な感じ

ジャーボトルで、中ふたにスパチュラがセットされてます。

ジャータイプなのにスパチュラがセットされていない製品はあまり信用できない(個人的に)ので、これはなかなか好印象です♪

プリプリしてて、肌で溶けるテクスチャ

半透明でちょっと固い感じのテクスチャ。杏仁豆腐みたいな感じです

この表面がピンと張った感じ、新品だからじゃないんですよね。

復元力の高い特殊素材「ハリネットポリマー」という成分が配合されているそうで、形状記憶するジェルなんですって。

だから使ったあとグチャッとなっても、次にフタを開けた時にはまたこんな風にピシッとフラットになっているのです。

この働きが、肌の上でも再現されるとしたら、お肌もピンっとなりそう!と思いますよね~、実際にはまぁ、そこまでピンとしたハリは感じませんけど。

 

実際、「フィト”リフト”」という名前ですが個人的にはリフト感は感じません。

保湿効果が高いので、ハリ感はかなりアップします!

だから元々、そんなにたるんでない年代の人なら、満足できるかもしれませんね。

 

ヘタな保湿美容液より保湿力が高い

フィトリフトは保湿力がとても高いです。

ヘタな保湿美容液より、よっぽど保湿するので肌の水分量はかなりアップすると思います。

ハリネットポリマーの働きは、肌表面を持ち上げることではなく張り巡らしたネット状の膜で水分を逃がさないことじゃないのかしら、とすら思いますね。

公式には、そんなことは説明されてませんが・・・あくまで個人の感想ですw

とにかく保湿状態が続くので、乾燥肌の人に勧めたい感じ。

化粧水を使わなくてもいいし、オールインワンジェルとしてかなり優秀ですぞ!

 

初めてだとすごく安く買える

通販限定品あるあるですが、定期購入すると初回がとても安く買えます。

定期にすると最低何回かは買わなきゃいけない、というものも多いですが、フィトリフトはその縛りはありませんでした。

私が買った時は本商品2個と、成分の浸透を促してくれるふきとり化粧水が1本ついて3,000円くらい。

1個あたりで考えたら千円くらいで、たっぷり2ヶ月使えましたよ♪

使う量の目安も、外箱に書かれていて親切

私はこの目安より、ちょっと少なめに使ってました。

それでも十分潤いましたよ~

 

フィト発酵エキスとはなんぞや

フィトリフトの保湿力のヒミツは「フィト発酵エキス」にあるとのことなんですが、そのフィト発酵エキスとはどんなものか。

販売ページに詳しく説明はないんですが、どうもコレらしいですね
>>フィト発酵エキスとは │ フィト発酵エキスプロジェクト委員会

上のページの説明によると、

フィト発酵エキスは、「白たかきび(ホワイトソルガム)」を用い、「パントエア菌」を発酵・培養して生み出された糖脂質エキスです。「白たかきび」はアレルゲン性の低い穀物で、小麦の代用として広く使用されています。「パントエア菌」は、小麦や米、じゃがいもなど、普段私たちが何気なく口にしている食物に共生している菌です。いずれも食経験のある安心な素材です。

わずかな量でも免疫活性化効果を発揮するのが特長で、同じ微生物成分でも、パン酵母の約10万倍、乳酸菌と比べても約1万倍の効果が期待できます。

とのこと。化粧品にも利用されているけど、元々は医学分野で利用されるべく開発されたものみたいです。

内容については信頼出来る感じだし、保湿力も高いし、フィトリフトはなかなか良いオールインワンジェルでした。